なかなか上手くいかない転職活動を前向きな気持ちで進めるには?

転職活動で一番大変だったのが「前向きな気持ちでいること」です。
前の職場を退職してからすぐに決まれば良いですが、なかなか決まらないこともあります。
そうした場合、無職の期間が続くので経済的な面はもちろん、精神的にも「他の人が一生懸命働いている中、働いてない自分が情けない」と落ち込むことも多いです。

私自身も、前の職場を退職してなかなか決まらなかったことがあり、自分は働きたいという思いがあってもそれが相手に伝わらないのか、どう伝えたら採用を貰えるのかが分からなくなり、悔し涙を流し、ニッチもサッチもいかない状態がありました。

転職活動の面接で大切なのは「前向きさ」だと考えます。
転職を決めた本当の理由よりもこれから前向きな気持ちで貢献したいという気持ちを持っているか、前向きさが口だけではなく、態度や立ち居振る舞いでも表れているかが重要だと感じました。

前向きさを口で言うのは簡単ですが、前向きに頑張りたいと言ってるのに態度がどこか落ち着かなかったり、突っ込まれると上手く答えらなかったり、前向きなのは口だけかと思われてしまうと採用を貰うのが難しくなってしまいます。

前向きでいることは難しく、なかなか転職先が決まらず、活動が上手く進まない時に常に気持ちを安定させるのは大変でした。

偽りのない前向きさをアピールするために自分に何が出来るのかを考えた時に、本を読んだり勉強したりと「何かをやっている」という気持ちを持ってそれをアピール材料にしたり、単発や短期のバイトをやって働いていた時の気持ちを忘れないようにし、考えこんでしまうよりも、何か一つでも行動に移してみること、それを面接でアピールして前向きに過ごす工夫をしていたことをアピール出来るようにしました。

自分で何かをやっていることはアピール材料にも自信にもなるでしょう。

考え込んでしまい負のループにはまってしまうこともあります。
そうした時にどう這い上がっていくか、自分で出来ることはないか、資格取得を目指してみたり、パソコンなどのスキルを高めたり、今から出来ることを探して、転職に向けて前向きに取り組んでいることを見つけることが前向きに転職活動を続けられる秘訣と言えます。

医師 転職

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント